2019年5月26日日曜日

藍(あい)


「藍(あい)」です。
勤務校では、毎年学習で藍の栽培をしており、そこから飛んだ種が、よその畑で自然発芽したものをいくつかつんで、持って帰りました。


とりあえず植木鉢に植えてみましたが、おそらく大きく茂ってくるので、そのうち地植えに変えるかもしれません。


「出藍の誉れ」などと言いますが、藍という植物そのものは緑色で、その汁が空気に触れた時に、いわゆる「藍色」になるわけですね。近づいて観察すると、確かに葉が破れたりして、中の汁が外気に触れた所は藍色になっています。藍で生葉染めしたり、久留米絣のように本格的な藍染をする場合、液につけた後引き揚げて空気に触れさせた瞬間、パッと美しく発色するので、感動的です。


うまく大きく成長できたら、藍の生葉染でもしてみようかな…

mont-bellステッカー、Colemanのイス

5月12日の、レッスンの後にmont-bellに行って、ステッカー買ってきました。
貼ってみると…、…うーん、ちょっと小さいですね…
次に大きいサイズだと巨大すぎたし、しょうがないですね。

納車10年半にして、はじめてのプチ・カスタム。
これまで、ホイールやマフラーはもちろん、整備・修理箇所以外、どこも何も変えてませんでした。





話題が変わりますが、念願のColemanでイスを買ってきました。(@鳥栖プレミアムアウトレット)



元々僕は完全にインドア派で、クルマ好き・車中泊好きでこそあったものの、アウトドアやキャンプ用品などには全く無関心でした。同時に、イスやテーブル、ソファ等の調度品にも無頓着でした。

そうした認識が覆ったのが、今から3年ほど前、とあるバーベキューパーティーに招待して頂いた時のことです。野外で食事する気持ち良さも良かったのですが、その時に座らせてもらった、コールマンのイスの座り心地!これまでは「鉄骨に布貼っただけやん」位にしか思っていなかったのですが、信じられないくらいの抜群の座り心地のよさ。すっかり脳裏に焼き付いて離れなくなってしまいました。


あれからだいぶ経ちましたが、ついに先週購入したわけです。Colemanの「レイチェア」という、3段階リクライニングのモデル。2段階目はテレビを見たりMacやiPhoneを打ち込んだりするのにちょうどいい傾き、3段階目にすると、そのままクタッと寝られそうです…

車中泊の頃からmont-bellが好きなんで、あそこでもHelinoxなんかのイスがあってそれもよかったんですけど、Helinoxは高いんですよね…。Colemanの方が、良心的な価格だと思います。アメリカンなデザインもいい感じだし

アウトドアのギアって、そんなに高級素材で作られたりしてないんですが、一般の家具や調度品に勝るとも劣らない機能美や合理性があって好きです。僕はなんかソファとかテーブルみたいな「動かないモノ」「地面にへばり付いてるモノ」って、何故かあまり興味が出ないんですよ。可搬性があるものの方が、自由な感じがして好きです。パソコンも、デスクトップは嫌いで、ノート派です。

ついでに、ステッカーも売っていたので、レガシィに貼り付けました。mont-bellシールが小さくてさみしい感じだった所から、ちょうどいい雰囲気になりました。


2019年5月6日月曜日

レガシィの「低燃費/低排出ガス認定ステッカー」剥がし

愛車レガシィのリアウインドウに新車の頃から貼ってあった、所謂「低燃費/低排出ガス認定ステッカー」を剥がすことにしました。

僕自身は基本的に「何も足したり引いたりしない派」というか、オリジナル通りでカスタムや改造などをしない方なんですけど(尺八も指孔や管尻なんかを弄ったりは絶対しない)、10年半乗ってるうちに風雨にさらされ続け、少しずつ劣化して半透明のようになり、「ちょっとね…」な外観になってきたので、思い切って剥がすことにしたわけです。



ネットで検索すると、シール剥がしなんかよりも「熱を加える」というのがキレイに剥がすコツらしいので、ドライヤーで暖めてはカッターの刃でスクレイパーのように剥離するというのを繰り返しました。






子どもの頃からシールを剥がしたりするのは好きなので、二枚とも大きく裂けたりせず、割合キレイに剥がすことができました。二枚ともラップフィルムに挟んでファイルに綴じ、保存してあります。



ガラス面にこびりついた糊は、ドライヤーを当てながらカッターで取り除いていくと、殆ど取れました。あとは、アルコールティッシュやメラミンスポンジでゴシゴシ。楕円形の輪郭跡は残りましたが、概ねキレイになりました。



気分を変えるために、mont-bellか何かのステッカーでも貼ってみるかもしれません。

2019年5月3日金曜日

やっぱり内吹きかも

「内吹きから脱却」とか書きましたが、やはり自分は内吹きになっているのかなと思えてきました。

外側に吹いていると、長い本曲などが途中で持たなくなってくるのです。
唇やその周りが硬くなってくるというか…

加えて、息子がふざけて、僕が吹いている時に、管尻の方から息を吹き込むイタズラをしてきたのですが、やはり僕の息は管尻から出てきているらしいです。で、息子が吹き込んだ時には、息は歌口まで到達し、こちらの息が邪魔されて音が出ないということになる。小学一年生の息でもそれくらいの威力があるということは、結構大人の吹き込みだとガンガン管内に入っているんでしょうね。


結局、「内吹き」というか、歌口から管の内径に沿って吹き込むようなイメージに修正しました。吹き心地は、以前と大体同じような感じで、霧海ヂ鈴慕を通し吹きしても、違和感ないフィーリングでした。

最終的に死ぬまであれこれ吹き方は試行錯誤なんでしょうね。

2019年4月29日月曜日

平成最後のひとりごと…

31年間続いた平成という時代が終わろうとしています。平成元年は、自分は7歳。小学1年生の冬に昭和天皇が崩御され、元号が改まったのだと考えると、確かにかなり昔のことのように思い出されます。大学に入学したのは平成12年、琴古流を本格的に学び始めたのは平成の半ばだったわけですね。当時はまだまだ青譜も楽器屋さん巡りをすれば新品を揃えることが可能で、減ってきたとはいえ地方部でも温習会等も盛んであり、まだまだ「日本版パトロン制としての家元制度」が健在だった時代だったんだなぁと思い返されます。ただ、少しずつ製管師の方や楽器屋さんなどは危機感を感じ始めておられたようで、我々奏者よりも一足先に未来の景色が予見されていたのでしょう。「本気で盛んにしようとしてるわけ?」といった意味のことを尋ねられたことがあります。僕はまだその時には「『ホンモノ』さえちゃんとやってれば、お客さんやお弟子さんは自然と付いてくる」と固く信じ切っていました。


僕が「やはり、この体制ではもはやダメなんだ…」と悟ったのは、関西から九州へ帰郷し、僻地の勤務校や地方の暮らしでのさまざまな体験や見聞を経た、平成29年ごろからです。そういう結論を出さざるを得ない、これからの日本の姿。少子高齢化に伴う凄まじい人口減。地方部の文化的活動の低迷ぶり。こうした現実を目の当たりにし、既存の提携関係や囲い込みの中でのみ残存している『伝統芸能』という姿は、不健全なものであるということにようやく気がついたのです。それは、「日本版パトロン制としての家元制度」の存続自体を目的にしてしまっている。そのために、永遠なる「お勉強させて頂きます」の繰り返し。本当にそれで人々が幸せになって行けるのか。誰がそれで喜んでいるのか…。


芸系の正当性云々や芸のあるべき継承方法、「私はまだまだ未熟だと気がついた」的な自覚…、そうしたものは、僕自身が平成の後半期、15年程度ドップリ浸かっていた価値観であり、その言っている意味はわかるつもりです。でも、はっきり言ってそんなこと言ってるような状況ではないんじゃないですか?音楽なんだから、演奏したり聴いたりする人自身が、真に幸福を感じられるものでないと、この先激変する時代の価値観の中で生き延びていくはずがないでしょう。「よく良さが分かんないんだけど、なんか上の人が良いって言ってるから良いんだろう」とかで、痩せ我慢して分かってるフリをしたりとか、意味ないと思います。「残月は三回生まれ変わってようやく弾けるようになれる」とかの話。もちろん、当時の名人が長い修練を重ねた上での嘘偽りのない本当の実感だったのでしょう。しかし、この現代にそうしたエピソードをステイタス的に語ってみて、音楽が良くなるのでしょうか。



僕は尺八本曲や地歌箏曲というのは、本当に素晴らしい音楽だと思いますし、好きな曲は本当に好きです。ただ、「自分はまだまだ修行が足りません」とか「お勉強させて頂きます」とかは、もう言ったり考えたりしないつもりです。傲慢になりたい訳ではありませんし、日々の練習という努力はずっと続けています。ただ、根本姿勢が「音楽を楽しんで、その結果幸せになる」でないと、せっかくの素晴らしい『鹿の遠音』も『八重衣』も、ちっとも輝かないと思うんですよね。自分自身が幸せを実感するために、尺八という楽器や、演奏する楽曲と向き合っていきたいと思います。


2019年4月22日月曜日

webセミナー終了のお知らせ

「場所や時間に左右されない、インターネット上の琴古流尺八セミナー」として、2年間にわたりご愛顧いただきましたが、このたび令和元年5月7日をもちまして、公開終了とさせて頂くことと致しました。

詳しいご案内は、こちら…

※すでに受講された方は、メールでお送りしたURL(動画や楽譜データのアドレス)を手元に控えて頂けましたら、今後ともご視聴や譜面のダウンロードは引き続き可能です。
※受講生様のご質問等のメールサポートは、今後とも継続して受け付けております。
※その他、ご質問、お問い合わせはメールにて受け付けておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

「内吹きの呪縛」からの脱却

竹盟社の師範を返納してから、はや1年になります。

最近、ふと思うところがあって「内吹き」の意識をやめてみることにしました。
五郎先生、ひいては「竹盟社の吹き方」=「内吹き」みたいな、強い意識があったのですが、そういうのをやめてみようと思ったわけです。

これまで「内吹きでなきゃ」みたいな強い固定観念がありました。

「竹盟社の音色を出さなきゃ」と言い換えてもいいかもしれません。



…「内吹き」「外吹き」というのは何かと言うと、エアリード楽器においてはなぜ音が出るのかという話になりますが、要は歌口のエッジに空気が当たるとき、ほんのちょっと内側か外側かどちらかの空気量が多いそうですね。その差によって、振動が起こるんだそうな。その、内側が空気量が多いのを「内吹き」、外側が多いのを「外吹き」ということだそうです。

通常、「大きな音」というか、「ビィィィーーーーーン!!」と鳴らすのは外吹きのイメージというか、「外吹きの方がいい」という人も多いですね。それに対して内吹きは五郎先生のようなソフトで暖かいイメージがあります。勝手なイメージでしょうが。青木鈴慕先生も実は内吹きだそうだという話も聞いたことがあります。

見分け方としては、乙のロを吹いたとき、管尻にロウソクを近づけると火が消えるのが、内吹きらしいです。


で、長々と書いてきましたが、おそらく多分僕自身は「内吹き」が元のスタイルではないような気がする(これもあくまで「気がする」ですが)というか、「竹盟社の音色にしたいから、バリバリ内吹きを意識して無理に吹いていた」というのがあったわけです。そこからついに脱却できたということです。「管の内側に入れなきゃ!」という力みが取れたというか。そうすると、仕事帰りの疲れたときでも今までより音が出やすくなりました。

でも、ロウソクの実験はしてないので、本当の所どうなんでしょう。あぐらをかいて、管尻を足に近づけると、乙のロでは空気が管内を通って皮膚に当たっている感触はありますが。科学的ではないですね。


…なんにせよ、「思い込み」による「力み」が取れたのが、きっと1番の成果なんだと思います。